貧乏人ほど物が多い5つの理由

こんにちは。いしゆうです。(@ishiyu0511)

貧乏人ほど物が多い5つの理由ということでご紹介していきたいと思います。

 

皆さんもよく貧乏人ほど物が多くて
お金持ちほど物が少ないという事を聞いたことがあると思います。

実際にドラマなんかでも貧乏の設定の場合は統一感のない家具とか物を所狭しと並べて演出するっていうのは凄く有名な話ですよね。

実際にそのシーンを見ると本当にお金が無いように見えると思います。

僕自身も物を捨てる前、ミニマリストになる前は、そういう部屋に住んでいて事実、貧乏でした。お金にすごく困っていました。

多くの人が勘違いしていることは収入が低い人が貧乏なんでしょ?
と思われている人もいると思いますが

実際にはそうではなくて、もっとお金が欲しい、お金がないと嘆く心が貧乏なんですね。

僕自身、今までに大量の物を手放してきて
今まで無駄な物とスペースにお金と時間を使ってきたからこそ
貧乏だったんだと気がつきました。

今回はどうして貧乏人ほど物を買ってきてまうのか物を増やしてしまうのかという具体的な5つの理由を挙げていきます。

「お金が無いなあ」
「お金が欲しいなあ」と思っている人は今回のブログを参考に

「お金に困らない人」
「お金持ちの人の思考、行動」

を真似るようにしてみてください。

 

 

理由1 不安

物を買う理由が不安だから。
お金がない人ほどを安心を求めようとするので
物があったほうが安心感が出ます。

物があればあるほど、例え今お金が無くても生活に困らなくなるわけです。
でも逆に物がないと不安になってしまいます。
物が無いと生活できなくなってしまうのではないかという不安に駆られるからですね。

そんな不安があると買いだめをしてしまいます。

「無いと困る」
「いつ手に入るかわからない」
「買っておけば安心だから」

という理由で、そんなに備える必要の無い事にお金を使ってしまうんですね。
だからますますお金が無くなっていき貧乏になってしまうんですね。
そして、家の中は大量の物で溢れてしまいます。

でもお金持ちの人、お金に困らない人っていうのは要らない物を買い溜める事をしません。

使う時、必要な時に買えばいいでしょという考えです。

僕自身も、無くなった時、必要になった時に買うようにしています。
それからでも十分間に合います。

 

 

理由2 無自覚

物が多い人は自分が沢山の物を持っているという自覚を持っていません。

むしろもっと物が欲しいと思っています。

だからどんどんお金が無くなるし
自分の事を客観視できないので自分が何をやっているのか
自分が何が欲しいのかわかっていません。

だからどんどん家の中に物が溜まっていきます。

でもお金持ちの人は常に自分の状況を把握していて

「今何をしていて」
「何が必要で」
「何が必要でないのか」

をわかっています。なのでお金の無駄使いがありません。

 

 

理由3 捨てる勇気が無い

「もう手に入らないかもしれない」
「一応、持っておこう」と思い
いつまでたっても捨てられません。

お金に困らない人は
「いつでも手に入る」と考えているので物に執着がありません。

今、必要の無い物が今の生活の邪魔をするという事も分かっているので
必要の無い物は躊躇なく捨てることができます。

「残った物を大切にし、長く愛用する」
これが大事で物を把握できるということはとても気持ちの良いことです。

ここに貧乏人と金持ちの差が表れていて
お金に困る人ほど大量にありすぎてメンテナンスできずに

いざ使う時にボロボロで使えなかったりで
また新しい物を買い、どんどん物が増えていき、お金も出ていきます。

 

 

理由4 欲張る

お金が無くて「失いたくない」という気持ちが強いとついつい
欲張ってしまいます。

「沢山持っていたい」
「沢山買いたい」
「全部自分の物にしたい」
「自分の手柄にしたい」
「みんなに自慢したい」という欲が強くなる

見栄や自己満足、承認欲求のために必要のないものを買ってしまい「お金」を使ってしまいます。

タチが悪いのが

「タダで欲しい」
「貰えるものは貰っておこう」
人から奪う事しか考えていないという事です。
人から嫌われるし、よけいに貧乏になっていきます。

お金持ちは人から貰うのでは無く、人に与えるという事をしています。
何かを与えたり、手放す事で「新しい良い事」が入ってくることを知っています。

だから欲張りません。
人の役に立つ事を喜んで率先します。

 

 

理由5 心と時間に余裕がない

「長時間勤務なのに低収入でストレスが溜まる」
「部屋を片付ける余裕がない」
「ゴミ出しすら忘れる」

これらは物が多い以上に深刻で

誰かに相談、もしくは転職を考えた方がいいでる。

物を減らす前に
「ゆっくり休み」
「ストレスを減らす」

時間と心にゆとりを取り戻す事が先決です。

 

 

まとめ

物を減らせば、お金持ちになれるという事ではありませんし
物が増えれば即貧乏になるという事でもありませんが

実際に稼いでる金額にかかわらず

「足りない」
「もっと欲しい」

という考え方が物を増やす貧しい考え方、行動につながります。

もしお金に悩みたくなければ欲に対して、その反対をすればいいという事です。

「無駄に買わない」
「不用品は捨てる」
「自分の持ち物に疑問を持つ」
「欲張りすぎない」
「奪うのでは無く人に与える」
「時間と心にゆとりを持つ」

という事が大事です。

足りないものに目を向けるのでは無く
今あるものに目を向ければ

実は自分は十分なものを持っていて幸せなんだということに気づきます。

これを

「足るを知る」

という事です。

お金に困っている人、悩んでる人がいれば
今回のブログを参考にして頂ければ幸いです。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です