自分の意思を保つ為に行うマインドフルネスとは?

メンタル

こんにちは。いしゆうです。

今回はビジネスや普段の生活に役立つマインドフルネスというものについてご説明しようと思います。

マインドフルネスという言葉を皆さんは知っていますか?

最近だと Google が会社で取り入れたりしています聞いたことあるけど、よくわからない方が多いのかなと思うので、詳しく説明しようと思います。

まずはマインドフルネスについてよくある誤解を三つ紹介します。

マインドフルネスの誤解

3つ紹介します。

・ポジティブになる
・瞑想である
・非科学的なもの

 

ポジティブになる

マインドフルネスという状態になることによって
ネガティブな感情から結果、ポジティブになるということがあるんですが

マインドフルネス自体がポジティブというわけではありません。

 

瞑想である

瞑想の方が皆さんはイメージがつきやすいかなと思うのですけども

よくあるのは座禅を組んで目を瞑り心を無にするとか精神を統一するとかそういう行為のことですね。

マインドフルネスとは状態のことなのです。

マインドフルネスというのは状態で瞑想は行動ということで、マインドフルネスという状態になるための手段の一つとして瞑想があるイメージです。

 

非科学的なもの

マインドフルネスのルーツは仏教にあり何千年も昔から瞑想とかそういうことは行われてきたんですけども

2013年頃からハーバード大学がそれを科学的に証明するという試みを始めており

今ではかなり科学的にも証明されているものになります。

 

 

マインドフルネスとはいったい何?

マインドフルネスを一言で言うと

今この瞬間に客観的かつリアルタイムに気づいていること

これをマインドフルネスと言います。

例えば今あなたがこのブログを読んでる時に自分はブログを読んでいるという実感はありますか?

恐らく内容に意識が向いていて自分がブログを読んでいるということに客観的に気づいている状態ではないと思うんですね。

それがブログやYouTube、映画、本とかだったらその中身に没頭して今の自分に気付いてないという事は問題が無いのですが

例えば、誰かに嫌味なことを言われて怒ってしまった時

そんな時に今、自分はこんなことを言われたから嫌な気持ちになって怒っているんだということに客観的に気づくことができないと

その嫌な気持ちに全部引っ張られて、どんどん嫌な風に考え続けてしまうそんな事を皆さんも経験があると思うんですけれども

マインドフルネスという状態を見つけると今、自分は嫌味を言われたからこんな気持ちになっているんだと客観視して、冷静になることができるので一旦ストップをかけることができるんですね。

なので私たちは視覚的に今の自分の状態っていうものを意識していなければ、身の回りで起こるあらゆる出来事や、色々な情報に意識が吸い取られ続けてしまうものなんですね。

特に現代の私たちは、たくさんの情報待って毎日忙しいという状態なので今の自分に自覚的になるというマインドフルネスはとても注目されています。

マインドフルネスとは今この瞬間にリアルタイムかつ客観的に気づいていることでした。

 

マインドフルネスのメリット3つ


次にマインドフルネスな状態になることのメリットを3つ紹介します。

・今、この時を生きられるようになる
・不満、不安が消えて幸せな感情になれる
・困難な状況下でも冷静でいられる。

上記3つを深掘りしていきます。

 

今、この時を生きられるようになる

私たちはマインドフルネスな状態でないとすぐにあらゆる事に意識が引っ張られて、色々と考えてしまいます。

なのでせっかく誰かと食事をしたり友人とお話をしていても、その瞬間を味わう事が出来ず心あらずの状態になってしまう

今この瞬間を意識してマインドフルネスの状態になればしっかりその時その時を実感を持って生きる事ができます

 

 

不満、不安が消えて幸せな感情になれる

人は、今この瞬間に意識がないときは未来か過去か空想のどこかの世界の中にいます。

不安というのは未来か過去を考えた時にくるものです。

それをさらに妄想がどんどん掻き立てて大きくしていきますので
マインドフルネスな状態じゃないと無自覚のうちに昔の嫌な事を何度も何度も思い出して嫌な気持ちになったり未来のことを考えて不安を掻き立てられたりしてしまいます。

そして意識が未来、過去、空想に頻繁に向かってしまうのは脳にとってもすごくエネルギーの無駄使いなのでマインドフルネスによって意識を現実に持ち続けることによって

脳は爽やかな状態になるし余計な不安とか不満を考えることが無くなりなり現実の小さな喜びを見つけるようにます

 

 

困難な状況下でも冷静でいられる

悲しい事、嫌な事があった時にマインドフルネスな状態になることができれば外の刺激に感情がすぐに反射的に引っ張られるのではなく

一旦冷静に客観的になって自分はどういう対処をすべきなのかを考えられるようになります。

 

 

マインドフルネスの状態になるには?

さて、ではどうやったら私たちはマインドフルネスの状態になることができるのでしょうか。

マインドフルネスというのは誰かが持ってる特別な能力ではなくて誰でも身に付けることができるものです

マインドフルネスな状態、今の自分に客観的に気付いてる状態って誰でもあるのでそれを自分で自由にコントロールできるかどうか、という話になります。

簡単なのは自分で意識的に今この瞬間に意識を向けようとすること。それだけでも全然違ってきます。

例えば私は今ブログを書きながら、上手くかけているか?と、そういう事は頭の中で考えていたんですが

今こうやって考えていたんだなという風に気づくことができました。

後は今、自分がスポーツをしている、少し暑いなあ、耳を澄ますと車の音が聞こえるなあとか、音とか肌で感じてる事とか感情とか

今はどうなんだろうという事に意識的に自分で集中するという事を普段からやるようにすると良いです

 

 

まとめ

今回はマインドフルネスとは何かについてのお話でした。
少し難しい内容だったかもわかりませんが少し興味を持ってもらえたら嬉しいです。

私も心あらずで常に考えてしまうタイプなので、マインドフルネスという考えを身につけようと日々奮闘中です。

最近マインドフルネスを意識するようになってから日々の充実感や落ち着いて行動ができるようになったりとか効果は確実に感じています

興味を持ってくれた方はぜひマインドフルネス日常に取り入れてみてください.。

 

タイトルとURLをコピーしました