ミニマリストに向いている人 7選

ミニマリスト

こんにちは。いしゆうです。

ミニマリストを目指している人や興味がある人、実際にミニマリスト生活を始めている人など色々あると思いますが

今回はミニマリストに向いているのはどういった人なのかをご紹介していきます。

1 狭い部屋に住んでいる人

狭い部屋というものはシンプルなので、その部屋の容量もミニマルなので狭い部屋に住んでいる人はミニマリストに向いています。

必要最低限のテレビ、机、ベッドを置くことによってスペースが限られてくるので、その状況下で散らかってしまうと足の踏み場も無くなってしまいます。

仮に散らかってしまっても部屋が狭いので掃除が楽に済みますよね。

部屋が狭く、そして綺麗な状態に保たれていれば物が何処にあるのかがすぐに分かりますし、迷いが無くなるので今、自分が何がしたいかという事が明確になり、それを直ちに実行する意思が芽生えてくるので実行に移しやすくなります。

ミニマリストは迷いというものをどこまで無くせるのかが鍵になってきますので物の住所がはっきりしていれば迷いわずに生活できますので狭い部屋に住むということはミニマリストとして大事な環境になります。

 

2  目標や好きな事が明確になっている人

ミニマリズムの本質とは徹底的に無駄を省いていき大切なことや、やりたい事にフォーカスをするという事ですので

すでに何か目標がある方であれば無駄な物や人間関係を断捨離して自分の目標に向かってほしいですね。

何かに集中したい時、人は無意識の内に物や環境に支配されてしまいますので、散らかっていては集中力が持ちません。

ですので、おのずと周りを整理してやりたい事に集中できる環境になっていくのかなと思います。

目標が無ければ、やはりミニマリストに向いていないと思いますので、これからミニマリストを目指す人は何でも構いませんので何かに夢中になる事や目標を見つけてはいかかでしょうか。

 

3 忙しい人

生きていく上で仕事というのは大事な時間になります。明日も仕事があるから家に早く帰って体を休ませてあげるという事は非常に大事になってきます。

ですが、家に帰れば炊事や面倒な洗濯、掃除とやる事が沢山ありませんか?

帰って趣味に浸りたかったり、やらないといけない事があるけど、まずは面倒な事を片付けないと!という忙しい状況が多々あると思います。

そこで手間を省くために、洗濯は乾燥機付きの物に変えたり、掃除は掃除ロボットに任せたりして自分の時間を確保する事が大切になってきますので、ミニマリズムという無駄を徹底的に省く考え方は忙しい人の為になります。

 

4 ズボラな人

掃除が面倒であるとか、食事が終わって食器を流し台の所に置きっ放して山積みにしてしまったり、又は脱いだ服を脱ぎっぱなしにしてしまうとかですね。

誰もが経験した事があると思います。

では、何故そのような事が起きてしまうのでしょうか。
それは単純に物が多いからなんですね。物に支配されてしまっているのです。

ですが、逆に物が少なければどうでしょうか。
少なければ少ないほど自分が所有している物が明確ですし
放置していると普通に生活ができなくなりますよね。

服や食器は必要最低限に厳選し、かつ自分が心から気に入っているものだけを残すと使う度に気持ちが良いものです。

一度生活を見直して必要のないものを断捨離して自分に必要な物だけを厳選する事をお勧めします。

 

5 効率を求める人

例えば、狭い部屋に住むという事は家賃を安く済ませる事ができますし、掃除の時間を短縮する事ができます。

持ち物が少なければ出かける準備が直ぐできたり、又は服装も固定していれば毎朝、どれを着て行こうかと迷う事なく時間を短縮して家を出発する事が出来るのでとても効率が上がります

日常をルーティン化する事によって決断の回数を減らしていき無駄な思考を排除する事によって生活の質も上がりますので効率を求める方こそミニマリスト向きですね。

 

6 ファッションに興味がない人

クローゼットや棚に服をパンパンに詰めていたり沢山の服があるのに着ていく服がないという事はありませんか?やはりそれも物が多い証拠なんですね。

衣類は空間のスペースを大幅に取ります。クローゼットに収まりきれなければ服を掛けておくスペースが生まれてしまいます。圧迫感がどうしても感じてしまいますよね。

ミニマリストの方々は少ない服で着まわして、おしゃれを楽しんでいる方が多いです。夏と冬、各3種類程度の量も少なくしてローテーションさせると服を大幅に減らせる事ができます。

大量の服は場所を圧迫させてしまうので断捨離する事で広くスペースが確保出来ますよ。

ファッションに興味がなければ少ない種類での着まわしも抵抗感があまりなさそうに思えるので取り入れる事が出来るのではないでしょうか。

残った服は自分で厳選したものだけが残りますので袖を通す度に気分が上がりますよ。

 

7 買い物が好きではない人

物に興味がない人もこれに該当します。

物が大量にあるという事は単純に物を買っているからです。買い物をあまりしなければ物は増えませんので買い物が好きではない人はミニマリストにかなり向いています。これはかなり重要な事です。

お金も貯まりますし、そのお金で自己投資や自分の好きな事に使う事ができますね。

物を買った時は一つ不要な物を手放すというルールを自分で決めると自ずと物は増えませんので参考にしていただければと思います。

 

まとめ

7つ紹介させていただきました。1つでも当てはまる事がありましたらミニマリストに向いていますし、直ぐにでもミニマリスト生活を始められる事ができます。

ミニマリストというものは時間が沢山生まれますその時間を有効に使って人生を豊かにしていくという素晴らしい生き方です。

興味本位で実践するのでも有効的なので、これからミニマリストを始めようかなと思っている人、悩んでいる人に参考になれば幸いです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました