ラーメン二郎 京都店のご紹介

こんにちは。いしゆうです(ishiyu0511

関西初のラーメン二郎「京都店」を紹介していきます。

 

場所 アクセス


〒606-8117 京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町4

叡山電鉄 叡山本線「一乗寺駅」より、徒歩0分
一乗寺駅から29mという目の前にお店があります。

 

 

 

外観が珍しい白看板

ラーメン二郎は本来、このように
黄色の看板に赤字、黒字という目立つ看板なのですが

京都店の場合は白の看板というかなり珍しいビジュアルになっています。

ですがオープン当初はデフォルトの看板だったんですよ。

 

 

並び方、食券の買い方

向かって左側に入り口があるのですが
ここから並びます。

狭い通路になっており少し圧迫感がありますが
これもラーメン二郎ならではといった感じでしょう。

掲示物や雑誌が置かれていました。

後ろを振り返るとこんな感じです。

ここに1列で並びます。
店の入り口に券売機がありますので
列が進むにつれて並び順で購入、そして着席という形になります。

※お水、レンゲはセルフとなっております。(お箸は卓上にあります)

ラーメン二郎は食券の購入や並び方が店舗ごとに違うので
お気をつけください。

 

 

メニュー、価格

・ラーメン(300g)  750円
・大ラーメン(500g) 830円
・控えめ(200g)   730円
・ラーメン半分(150g) 680円

・脂飯    100円
・豚増し(一枚まで)150円
・生たまご  60円
・九条ねぎ  100円
・辛味    100円
・たまねぎキムチ 100円

 

 

トッピング

配膳される直前に「ニンニク入れますか?」と聞かれますので

・ニンニク
・野菜
・アブラ
・カラメ

のトッピングを行いましょう。

「マシマシ」まで可能です。

 

 

いよいよ着丼

ラーメン
・ニンニク
・アブラ
・カラメ

野菜を「マシ」にすると野菜でお腹いっぱいになってしまうので個人的には野菜はデフォルトのまま頂きます。

 

 

卓上にある調味料

・醤油(カラメ)
・ブラックペッパー
・コショウ
・あと何だっけ(すいません)

 

 

感想

醤油がしっかりと効いていて麺は柔らかめの印象があります。

野菜で出汁をよく取っているのか他の店舗より「あっさり」とした
スープに感じ、そこに二郎特有の豚の脂が混ざり合ってとても美味でした。

あまり脂っこく無いという所が「京都」という土地柄なのかもしれませんね。

「ラーメン二郎」は店舗によって見た目と味わいが異なりますので
京都店の味をしっかり堪能する事ができました。

 

 

店舗SNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です